PEST分析|マクロ環境の要因

PESTそれぞれ4つの頭文字から始まるマクロ的な(市場環境)分析のことを表します。

自社の展開する商品・サービスの分析、ライバルとの比較や強み・弱みの分析はもちろん大切になるが、こうした社会的情勢も同時に把握することが大切になる。

 

 

①Political(政治の原因)

法律による規制の変動について。規制が強化されることもあれば反対に緩和されることもある。

税制度についても目を向けておくと良い。知らないことで損をしているケースは個人事業主や中小零細企業にて多くあり得る。

自社関連業界における世間的な注目度や傾向、応援団体やアンチの意向についても知ると戦略を立てる際に有利に働く。

 

②Economic(経済的環境要因)

金利、国内及び世界経済における景気の変動、為替レート、株価の変動など。

細かく分析をしたり学びはじめるとキリがない部分ではあるが、国内及び世界情勢についてどういった大きな流れで動いているかを知ることはとても大切。

流れに逆らうのではなく、動いている流れにどう乗るかを考える際にはとても参考になる。

 

③Social(社会的環境要因)

人口の増減、メディアの影響により流行が予測されるものや考え方、教育や健康に関する動向、自然環境に関する情報など。

社会的な要因を知らずして旗を上げても、そこに反応する人が全く居なければ本末転倒であり、時間もコストも無駄にすることとなる。

社会を知り、そこに需要がある場所において、求められることに適した旗を掲げるためには非常に重要な要因となる。

 

④Tchenological(技術的環境要因)

新技術が世間に普及している状況を知ること、世間にインパクトを与えるような特許について知ること。

iPhoneなどの登場により爆発的な勢いで普及したスマートフォンなど、多大な影響を及ぼすこともある。

大きな技術環境の変化に対して乗り遅れることで、機会損失にとどまらず取り返しのつかない遅れとなるリスクもあります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる