会社員

つまらない仕事が楽しくなる!|主体的に動いてみよう

更新日:

毎日会社に行くのが苦痛!!

朝起きることさえ辛い!!

週末が待ち遠しい、あぁまだ水曜日だ。。

1日が長い、どうしてこんな会社に入ってしまったのか。。

こんな経験をしたことはありませんか?

私自身もこう感じていた時期がありましたし、きっと誰しも一度や二度は経験しているのだろうと思います。

 

冷静に考えてみるとこれはすごく勿体ないこと。

だって、1日の三分の一以上を費やしているのが仕事時間ですよ!

通勤時間も含めたら、定時で仕事が終わったとしても1日あたり10時間くらいは費やしているわけですよね。

 

そんな時間を〝苦痛を感じながら〟過ごしているなんてものすごく人生損していると思いませんか?

この10時間を『活き活きと』『成長を実感できて』『心身ともに元気いっぱいで』過ごすことができたらなんと有意義な人生でしょうか!

 

会社員として活躍しているあなたが、今抱えている苦痛・退屈感・つまらなさから解放されて、人生の質をより高めてくれることを願って私の経験を伝えます。

それはあなたの人生をより素晴らしいものにするでしょうし、これから先『起業や副業』をする際にも大きな力になることをお約束します。

 

そもそも、どうして今の仕事が『つまらない』のか!?

仕事が『つまらない』『苦痛』と感じているあなた、1日の流れをイメージしてみてください。

月曜から金曜までの流れも同時にイメージできる方はこちらも。

 

 

 

さて、その中で『自分が主体性を持って仕事を進めている』時間は全体のどれくらいあるでしょうか?

全体の80%ですか?50%ですか?20%ですか?それとも、ゼロですか!?

 

私の経験としても、会社員時代の同僚を思い出しても、主体性を持った仕事がない人ほど毎日に苦痛を感じている傾向が強いです。

『今日も早く終わらないかな~』

『あーまだこんな時間か、長いな~』

『早く帰りてえ』

こんな口癖一度は耳にしたことがあるかと思います。

 

きっとこの人たちは全員『言われた仕事だけ』をひたすらこなしているのではないでしょうか。

私自身も経験したことがあるから分かりますが、指示されたことだけをひたすらこなすことは本当に苦痛!

自分で考えなくて良いから頭に負荷がかからないという楽な部分はありますけどね、人格がなくなる!!

 

そんな毎日が繰り返されることで、仕事がいっそう退屈になり、つまらなくなり、出社することが苦痛になる。。

そして気が付いたらネガティブな言葉を口にしている、それも無意識に。。

 

こんな連鎖を抜け出したいですよね!!

たった一度の人生、1日の大半を費やす仕事時間、どうせなら活力に満ちて生きていたいもの。

それだったら『現状の逆側に思いきり振ってみる』ことを考えてみましょう!

 

 

1日の大半を『主体的に動く仕事』で埋め尽くすことができたら!?

その仕事、私が責任もってやりますよ!!

それ私に任せてください!!

やらされ仕事が90%以上の状況から、このスタンスで1年ほど貫いたところ、気が付いた頃には1日の大半が主体的な仕事に変わっていました。

 

主体的に動く仕事はすぐに降ってくるわけじゃないし、ジッとしていて自然発生するものでもありません。

自分からアクションを起こす!!

小さなことからでも良い、ひとつの案件を自分が〝最高責任者〟としてやり切る!!

そして少しずつ自分に負荷をかけていく。

 

この繰り返しで、主体的な仕事は増えてきます。

大きな案件があれば上司は真っ先にあなたの顔を思い浮かべるでしょうし、複数の案件が重なったときにも全体の指揮を執ることを任されるかもしれない。

 

だって、言われたことだけを嫌々こなす人にお願いしたいと思わないですよね?

『やります!』と言って動いてくれる人に頼みたくなるものです!!

 

最初の頃は『指示されてやる仕事』も多くてしんどい経験もすると思います。

私もそうでした。手を挙げたのは良いものの、経験値も足りず仕事も遅く、誰よりも早く出社して入念に準備していたものです。

それでも、この積み重ねが後々とても大きな力となってくることは明らかです。

 

主体性という癖が付くことで、やらされ仕事の中にも意義を見出すことができますし、より良くするための知恵もガンガン湧いてくる!

今こうした起業してからも、会社員時代に身に付いた最も大きな財産は『主体性』であると実感しています。

 

想像してみてください!

『つまらないやらされ仕事』は愚痴を吐くことしかできない社員が虚ろな目をして嫌々こなしている中で、あなたは主体的で成長を実感できる仕事だけを活き活きとこなしている毎日を!!

 

ワクワクしてきませんか?

在り方を変えてみようと思いませんか?

大丈夫、主体性というものは誰でもいつからでも身に着けることができます。

 

 

どんな会社にも、どんな仕事にも、どんな部署にも課題はいくらでもある!

今置かれた環境で、主体性を発揮できることを見つけてみましょう!!

『ない』ということはあり得ませんよ。

どんな会社でも、どんな仕事内容でも、単純作業を繰り返すような部署であっても、必ず課題や改善点というものは存在します。

 

例えは、会社内の内線を用いて連絡を取り合っているケースがあるとしましょう。

電話が鳴る ⇒ 作業を中断して取る ⇒ 集中力が途切れる ⇒ 集中力を戻すための時間ロス

といったことさえ大きな課題です。

いちいち電話をしなくても伝わる『仕組み』を構築するという責任者を買って出ることができますね!

 

他にも、ある程度の定型業務を正規雇用の社員やパートが日々行っているとしたら。

・自動化できる部分はどこか

・外部委託をして時間を創出することはできないか

・その創出した時間では、どんな価値を新たに生み出せるか

こんなに簡単に見つかるものです。

 

いきなり大きなことはやらなくても良いのです。

それこそ、会社内の清掃責任者とかでもいいのかなと思いますよ。

『ディズニーランド並みの社内環境を保持する最高責任者』というセルフイメージとかね。

 

やろうと思えば無限に知恵は湧いてきますから、今日からできる小さな一歩にチャレンジしてみてください。

小さな案件ひとつだけでも、1日のたった数十分からでも。

『主体性を持った仕事』にチャレンジしてみてください!

 

きっとそれはあなたの仕事を、あなたの毎日を、より楽しく有意義なものへと変えてくれるでしょう。

おすすめ記事はこちら

1

『売れなくて困っています』 『なんとかして売ってください』 このような状況においてまず考慮すべきことは、以下のどちらに該当するかをまず把握することです。   ・コンセプトは良いが、全く認知さ ...

-会社員

Copyright© 起業支援、個人事業主・中小企業の経営サポート|Essential Creation , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.